読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽きたから

飽きたからです

時間が経てば忘れる話

毎日つつがなく積み重ねた記憶が今現在の人格を形成しているとして。

夏が来て、冬の寒さを忘れてしまった俺らは、
冬が待ち遠しいなんて呟いて、
冬が来て、夏の暑さを忘れてしまった俺らは、
夏が待ち遠しいなんて呟くのだ。

少し忘れっぽい性質は、俺の人格にどこまでの影響を与えていくだろう。
わからんけど、それも面白いだろうが。

世界は記録で出来ていて、模倣子以外の媒体が生じうる余地がある。
とは、何で読んだんだったか。
meme, 記録を保持してくれているのなら、何て救われる話だろう。
成し遂げられなくたって、何も残らなくなんてない。
生き続けるのだよ。おやすみ。