読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽きたから

飽きたからです

何で出来ているか、という話

自分が何で出来ているかという話。

 

初めて買ったCDを覚えているだろうか? 俺は未だに鮮明に覚えている。

近所に出来たTSUTAYAでワクワクしながら、買うことを決めていたにも関わらず無意味に試聴機で視聴してから買った「ポケモン言えるかな?」。

 

自分の意志で、自分のお小遣いで、自分のモノを買うというのは、とても勇気のいることだった。

ゲームやおもちゃ。スーファミのドッジ弾平や、新しいベイブレードを買うときも、恐る恐るだった。どうしても欲しいという気持ちと、母親に怒られてしまうのではないかという気持ち。

もしかしたら他にもっと良いものがあるのではないかという気持ち。

ものを買うというのは、それらを全て乗り越えて初めて辿り着ける行為なのだ。手に入れるということは、何者にも変え難い喜びなのだ。

 

CDを買うとき、それが全く無かったのを覚えている。

「買うものだ」と思っていた。何でだろう? 未だに疑問だ。

 

バンプBUMP OF CHICKENをフラッシュで知った。すぐにCDを買いに行った。

ELLE GARDENを知った。GOING STEADYを知った。ケツメイシオレンジレンジマキシマムザホルモン。色んな音楽を知った。

記憶は人格を作る。知ってしまった俺らは知る前にはもう戻れない。

好きになったもので俺らは出来ているし、これからもそれ以前に戻ることはない。

 

ZABADAKを知ったのはいつだっただろう。

ウォーターガーデンというアルバム。ポーランドという曲。わにのゆめという曲。

死ぬことはないし、生き続けるとも言わないけれど、でも、多分ずっと大好きなのだ。

そういうものだ。

 

ううん、まとまらないけれど、

そうなのだ。俺は俺じゃないもので殆ど出来ているので、

そういうものなのだ。

 

愛するものはずっと愛していきたいと思うのだ。多分ずっとだ。