読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽きたから

飽きたからです

毎日の話

眠いな、腹が減ったな、と思っていたら一日が終わっているような感じ。
「遠くから見るから富士山は綺麗なのだ」って、登ってもないのによく言うよな。けれど、そんなことばかりだ。

目の前にシャンデリアがあるのだけど、シャンデリアって怖くない?
金田一とかコナンとか、あとマリオRPGとかのせいで刻み込まれたトラウマだと思うんだけど、下にいる人間(または上に乗った亀)を殺すための罠にしか見えない。めちゃめちゃ綺麗だと思うけど、それが余計に怖い。
幕が下りてるから叫び声が聞こえなくて、テープで録音した叫び声を後から流すんだよな……。怖すぎる……。

無意識に怖いものの話。
暗いところや狭いところ、速いもの、黒いもの、とか怖いよな。
先端恐怖症の人。人生において何らかのトラウマがあって、という人もいれば、原因が無い人もいる。
大きな水槽が怖いって人もいる。割れたらどうしようとかじゃ無くて、景色が歪むのが怖いのだと。全然俺にはわからなくてびっくりした。苦しみや恐怖なんて個人の所有物で、本来誰と共有することも叶わないのだな、と思った。

天井を見ているよりは有意義な毎日を過ごせているという実感。
もうすぐ愛はその顔を覗かせる。その日が楽しみで楽しみで仕方が無いのだ。