飽きたから

飽きたからです

笑えない日々の話

漫画みたいだな、なんて思うと、何となく恥ずかしくなった。

屋上へ向かう階段はいつも通り埃っぽくて、何故か鍵のかからないドアはいつもより重く感じた。今日で卒業だというのに、彼は結局ここに来ることはなかった。

卒業して、大学へ行って、それで?

今日になっても結局何もわからなかった。何となく大学に行くことにして、何となく卒業する。何となく高校生活を過ごしてきた私は、何となくその日々から離れていく。

風が強くて、流されそうだ。どこへ向かうのかもわからない。

前髪は目にかからないように綺麗に揃えているのに、何も見えないみたいだ。彼はいつも目が隠れていたのに、ずっと何かを見ていたみたいだ。

 

いつも眠っていた。

授業も聞かず机に突っ伏して寝ている彼は、向こうを向いたりこっちを向いたり、何故かいつも寝苦しそうだった。いや、学校の机なんかで安らかに眠れるわけはないか。

少しの間それを繰り返すと、ようやく落ち着く体勢を見つけたのか、こっちを向いたまま深い寝息を立て初めた。

長い前髪の間から見える穏やかな寝顔を見ると、女の子みたいだな、なんて思って、頬にかかる髪を丁寧に除けてあげた。

彼の髪に触れた指は何だかふわふわとした感じがした。

 

屋上ではいつもスカートの扱いに困る。風に揺られ、ひらひらとして、うっとうしい。

私は私服でスカートを持っていないので、もしかすると人生でスカートをはくのは今日で最後になるかもしれない。どうだろう、わからない。

そう思うと、揺れるスカートも今日くらいは自由にさせてやろう、なんて少し思ったかもしれない。思わなかったかもしれない。

どうせ誰も見てはいない。……見られていても、それはそれでいいか。

 

屋上から見える私達の街。

彼が見た最後の景色。

何処かへ流されていく私は、けれど何処へ行くのかもわからないままだ。

何もわからない、笑えない日々の話。