ニッ記

発露

Doki Doki Literature Club! と声優さんとポプテピピックの話

 Doki Doki Literature Club! の話

 知らない? やってない? こちらからどうぞ。

store.steampowered.com

 日本のギャルゲーをリスペクトした海外のゲームなので全編英語表記なんですけど、有志の手によって日本語化が完了したみたいなので、今かなり来てますよ。本当にありがとうございます。

 こういう作品って「未知の物」であるうちに自主的に手を出しておくべきなんですよね。「君の名は。」とかもそうなんですけど、最も勢いのある時期を過ぎるとある程度みんな知ってるという前提で話題に出し始めるのでネタバレに当たる可能性が高くなるんですよ……。

 このゲームに関する記憶を脳から全て消去してもう一度初めからプレイしたいと思っている僕には、何も知らない皆さんが羨ましくすらある……。無知は宝です。なので僕はもう「やるべき」としか言いません。Doki Doki Literature Club!の話はこれでおしまいにします。さよなら。

 

声優さんの話

 僕は声優さんに(基本的に)(あんまり)(そんなに)興味がなかった。アニメやゲームに出演している声優さんも特に気にしませんし、全然詳しくもなくて、見ていても「○○さんだ」とかもあんまり分かりません。洲崎綾さんと西明日香さんがパーソナリティを務めているラジオ「洲崎西」と、上坂すみれさんがパーソナリティのラジオ「♡をつければかわいかろう」は毎週聴いていますが、それだけです。

 アニメやゲームという作品そのものを好きになることにその作品の外の情報はあまり必要ないと思っていたんですよね、今はどっちでもいいかなぁって感じです。好きな声優さんが好きな作品に出演していて、その作品の魅力なんかを語っていたりするとめちゃくちゃ嬉しくなっちゃうのでそこは多分ファンなんだと思います。あれ……?

 

ポプテピピックの話

 で、ポプテピピックの話。僕は基本的にニコニコ動画で観ているのですが、めちゃくちゃ面白いですね。「誰がわかるんだこれ」みたいなパロディネタをパンパンに詰め込んでいることは誰が観ても明白なのですが、そもそも視聴者ひとりが全て理解出来なくても全く問題が無いんですよね。こうしてネットを媒体にしたメディアで視聴し、ネットでその作品について談義を交わす時代にもなるとインターネットという集合知がほぼ全てのネタについて解説してくれる。勿論自分が全てを知っていた方が楽しめるんでしょうけど「知らね―よ!」という面白さも間違いなくある。

 懐かしい楽しさ。僕が中学のときに放送されていた「らき☆すた」を観ていたときの感覚にとても近い気がします。こなたマジで可愛すぎてほんとマジで……。

 あと、ポプ子とピピ美がとても可愛いんですよね。様々な人や物に中指を立て、すぐにブチ切れるポプ子なんですけど、ピピ美にキレたり喧嘩を仕掛けたことは一度も無く、いつも構って構ってと周りをうろちょろしている……。ピピ美は他の誰よりもポプ子のことを深く考えていて、どうすればポプ子がいつも笑顔でいられるかを常に考えている……。そんな二人が楽しそうにふざけているのを眺めていると幸せな気持ちになりますよね。僕らが理解出来ない言動も二人の間では成立しているのを考えると、ずっと二人で幸せに過ごしていてくれ……と思わざるを得ない。

 

 なんか無の記事だな。でもまあ、好きなものに対して好きだってことを書こうと思って作ったブログなので基本的にはこんな感じでやっていくと思います。

 

 あと「洲崎西」と「♡をつければかわいかろう」はマジで面白いので聴けばいいと思います。三人とも言語感覚が凄いんだよな……。特に上坂すみれさんのそれは本当に凄い。話を聞いていてこっちが連想する単語の遥か斜め上のパワーワードをさらっと投げつけてくる。おすすめです。さよなら。